経営オタク

かんたん使える経営学をご紹介

成長している会社がやっている3つのこと。

あなたの会社は成長していますか?
成長できてないのだとしたら、今から紹介する3つのことだけ頑張ってやってみて下さい。
ぐんぐん成長できる会社へ変われるはずです!自信満々!!

f:id:yoshiki77:20170623171019p:plain

成長している会社がやっている3つのこと

成長している会社は

改善、創造、断捨離

この3つが、全社員で徹底してできています。

経営オタクな私が言うんだから間違いないです。
逆にどれか一つでも欠けていたら、成長は止まってしまいます。


早速、一つ一つ解説していきます。あなたの会社はできているかどうか照らし合わせながらお読み下さい。

1.改善

改善は、言葉の通り、ダメなところ直して、よりよくしていくことです。
商品やサービス、仕事一つ一つが改善され続けていけば、よりよくなっていくので成長していけます。
当たり前ですよね。


改善すれば成長できるのは、当たり前なのですが、どれだけすごい成長ができるのかきちんと理解していますか?


改善の効果を良く表した名言があります。ぜひ参考に

たとえ毎日1%の改善でも、1年続ければ37倍になる。1.01の365乗は37.78になるからだ。これは、一人の人間の話だけれど、組織として考えればもっと大きなことが起きる。理論的には2000人の社員がいれば、1日で1.01の2000乗、計算すると4億3928万6205となる。
by 楽天創業者 三木谷浩史

全社員レベルで改善を徹底すれば、4億倍成長できるんです!すごすぎ!


これだけ改善の威力は凄いのですが、毎日、全社員ってレベルで徹底できている会社は少ないです。

経営者が会社の仕組みとして改善を入れ込み、何度も何度も話し伝えて、文化として改善を根付かせる。
そんな地道な活動が必要だと思います。頑張って下さい。

2.創造

創造は、新しく何かを生み出すことです。

新規事業であったり、新サービスであったり、仕事での新しい取り組みであったり、新しいことを生み出していくことは大切です。

なぜ創造が必要なのか?理由は3つあります。

1. 時代は変化するから
時代の変化によって、今までの商品やサービスが突然不要になったり、全く新しいモノが求められたりすることがあるのです。

例えば、富士フィルムという会社
富士フィルムは以前は、社名の通り、写真のフィルムを製造して成長しました。時代の変化は残酷で、デジタルカメラの登場で、一気に写真のフィルムの需要がなくなってしまったのです。ピンチですよね。
しかしながら、そんなピンチを、富士フィルムは、フィルムの技術で、化粧品や医療技術を創造し、販売して、フィルムの需要がなくなっても生き延びたのです。
すごい。

これがもし、フィルムの改善だけを続けていたら、富士フィルムは倒産していたでしょうね。


2. ライバルが進化していくから
競争が激しい時代です。あなたのサービスにも必ず競合が存在します。

競合であるライバルが、新サービスを生み出していたらどうでしょうか?
お客様は新しいサービスを出している会社とそうでない会社どちらを選ぶでしょうか?

当然、新サービスを出している会社ですよ。改善だけでは、追いつけない。


3.お客様も変わっていく
時代の変化で、環境も変われば、お客様も変化していきます。
今まで自分達の出していた商品を欲しがっていたのに、急に、他の商品に移ったり。

当たり前のように売れていたモノが急に売れなくなったり。

お客様は変化するんです。変化には改善だけではなく、新たに創造していくことが大切なのです。


ということで、改善と同時に、新たに創造していくことも取り入れていきましょう。

3. 断捨離

断捨離は、商品やサービス、仕事も無駄なモノをやめていくってことです。

改善や創造はやっているけど、断捨離を忘れている会社は結構多いです。
しかし、断捨離のようにやめていくってことはかなり重要ですので、きちんと取り組みましょう。

断捨離をしなかったら、会社はどうなるのか?


商品やサービス面では、売れない、儲かってない無駄なサービスの赤字が、良いサービスの足を引っ張ることが起きてしまいます。

キッパリいいましょう。お客様が買ってくれているからと言ってなかなか辞めずにいることは、悪なのです。
もし、きっぱり辞めれば、需要がある、お客様が本当に求めているサービスに辞めた分だけ力を注ぐことができるんですから。


仕事面では、辞めずに新しいことばかり増やしていけば、社員の負担が大きくなり過ぎてしまいます。
社員が無駄な仕事で疲れて、本当にすべき仕事がおろそかになってしまったら本末転倒です。
社員が本当にすべき仕事に集中できるように、無駄な仕事は断捨離していきましょう!

4.まとめ

改善、創造、断捨離

この3つが、この3つだけ、全社員レベルでできるようになれば、あなたの会社は成長し続けられるのです。
ぜひ今から取り組んでみてはいかがでしょうか。










改善 改善の積み重ねで、商品やサービスがより良いものになるから。


改革 改善だけではだめ。なぜ? 時代は大きく変化していて、それに合わせて、会社も大きな変化を必要とするから。 例 富士フィルム フィルムのカメラをいくら改善しても需要がなければ売れない。 例 ミクシィ プラットホームが崩壊したあと

断捨離 古くなってダメになっていくものもある それをそのままにしていては太った会社になる。 
見込みのない事業 無駄な会議 不要な仕事を随時チェックしていこう。