経営オタク

かんたん使える経営学をご紹介

売上が下がる4つの原因と解決策

売上が下がってるとお悩みでないでしょうか?


ジワジワと下がる売上は、放っておいたらいつか急激下がって、赤字、倒産…
という最悪の自体をまねく恐れがあります。


早急に原因を突き止めて、解決しましょう!

f:id:yoshiki77:20170625061633p:plain

売上が下がる4つの原因と解決策

1 市場の縮小

一つ目に考えられるのは、あなたの会社がいる市場が縮小していることが原因の場合です。


市場が縮小というのは、買いたいっていう全体の需要が減ってるということです。


例えば、下駄の市場で考えましょう。
昔は、下駄という市場は、下駄を履くのが当たり前だったので、買いたい人も多く、市場がとても大きかったのです。

しかし、今は、普段は靴を履くので、下駄を買いたい人は激減、市場も大きく縮小しました。


市場が縮小する。しかし、会社の数は変わらない。そうなるとどうなるでしょうか?


お客様の数<会社が売ってる下駄の数
となり、お客様の奪い合いがおきます。
結果、奪い合いに負けた会社の売上は下がってしまいます。


市場が縮小したときの解決法3つ

1.違う市場へ移動する

下駄屋をやめて、需要のある靴屋になるってことです。

2.競争に勝つ

もちろん競争に勝てれば、生き残れますし、売上も上がる可能性が高いです。

3.耐える

どんどん周りが倒産したり、他の業界へ移っていく中で最後まで耐え抜きます。
最後の数件になると、需要が数件に集中するので、また儲かり出します。
自転車のアサヒが良い例です。自転車屋が潰れていく中で、あえて、自転車屋をやりだしたことで、需要がアサヒに集中し、大きく成長しました。

2. 競争の激化

需要がある市場には次々と新規参入者が現れ、競争が激化します。


競争の激化による起こる現象

1. お客様の奪い合い。

需要<商品数
となれば、当然、売れる商品は限られてきます。

この差が広がれば、広がるほど、奪い合いは激しくなり、負けた会社の売上は下がります。

2.  価格競争

競争が激化すると、価格で勝負してくる企業が現れます。デザインや機能が似ていたら、多くのお客様は価格の安い商品を選びます。

売れなくなった会社は、負けないように価格を下げます。
その繰り返しで価格の競争が起きてしまい、結果、商品の売値が下がり、売上が下がってしまうのです。


以上、2点の現象が起き、競争激化による売上低下がおきるのです


競争の激化からの解決策

1.競争に勝つ

競争に勝って、相手からお客様を奪い取りましょう。売上が上がります。

2.違う市場に移動する

逃げるが勝ちです。競争に勝てないとしたら、勝てる市場にいきましょう。

3.商品の差別化

同じような商品であると決めては価格になってしまうので、商品に価格以外の強みを持たせ、他社との差別化を図りましょう。
結果、価格競争やお客様の奪い合いから抜け出せます。

3. 代用品の登場

あなた販売している商品の代わりになる商品が売られて、売上が下がるケースがあります。


例えば、スマホで考えてみましょう。

スマホが登場したせいで、売れなくなった商品
・固定電話 → スマホのみで電話する人の増加
デジタルカメラ → スマホで写真を撮るから不要
・年賀状 → スマホでメールやLINEするので必要なし
・時計 → スマホで確認できるから必要なし
・音楽機器 → スマホで音楽がきけるので必要なし
・テレビゲーム → スマホのアプリで十分
などなど


このように、商品の機能の代わりになる商品が誕生することによって、商品が売れなくなり、売上が下がってしまうのです。


代用品の登場への解決策

1. 機能に磨きをかける

代価できないぐらい機能に磨きをかける方法です。

先ほどのスマホの例で言えば
デジタルカメラスマホで代用できますが、プロのカメラマンが使うような一眼レフは、スマホで代用ができません。
カメラとしての画質の良さや遠くからでも取れるといった機能がスマホよりも圧倒的に優れているからです。

2. 代用品と違う機能の部分で戦う

代用されてしまった機能でなく、違う機能に注力して販売する方法です。

例えば、時計。
時間を知るって機能であれば、スマホなどに代用されてしまいます。
ファッションとしての機能であれば、どうでしょうか?
スマホを腕に巻くわけにはいきませんよね?

他にも、ファッションとしての機能の代用品はあまるり見つからないと思います。
よって、時計はファッションに注力して販売すれば、代用品によって売上が下がることはなくなるのです。

4. 販売能力の低下

同じ商品を販売していても、商品を売っている人の能力によって、売上が変わります。

わかりやすい例で言えば、新人とベテランでしたら、どちらが多く商品を売ることができるでしょうか?
基本的には、販売経験豊富なベテランが勝つでしょう。

このように、販売している人の能力によって売上が変動するのです。
売上が下がった場合、もしかしたら、能力がある人が辞めて、販売している人の能力が下がった可能性が考えられます。


販売能力の低下への解決策

1. 販売能力を向上させる

販売能力が低下し、売上が下がるのだから、販売能力を向上させればいいのです。

2.長く働いてもらう

人の能力は、経験を積んでいけば、基本的には上昇していき、低下していくことは少ないです。
つまり、販売能力の低下を招くのは、退社が原因です。
よって、なるべく長く働いてもらうことで、販売能力が低下しないようにしていきましょう。

まとめ

売上が下がる原因 1. 市場の縮小 2. 競争の激化 3. 代用品の登場 4. 販売能力の低下
以上4つです。


売上が下がったとき、どれに当てはまるのか調べ、早急に対応策を考えれば、あなたの会社も売上を伸ばしていくことができるはずです。
ぜひ、お試しください。