経営オタク

かんたん使える経営学をご紹介

この夏、読みたい初心者にオススメのビジネス書5冊

夏といえば、ひんやりと冷えた室内で、読書ですよねー


灼熱の太陽!真夏の海、山、川! 
夏に外に出るとか危なすぎですよ!


ってことで
この夏、ビジネス書に挑戦してみませんか?


ビジネス書って難しいそう〜

読んだけど、わけわからなかったー


って人のために、
簡単で楽しい!だけど、役に立つ初心者向けのビジネス書をご紹介致します。


是非、ここから、楽しい楽しいビジネス書の世界にハマって下さい。



初心者にオススメのビジネス書5冊

1. 日本でいちばん大切にしたい会社 坂本 浩司

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

f

涙なしには読めない!感動の1冊です!
ちなみに、私も泣きました。

この本の内容は

坂本教授が日本全国を色々な会社を回って、会社を研究し続けた結果、従業員を大切にしている会社が業績を伸ばし続けているってこと発見。


この本には、坂本教授が、従業員を大切にしている会社の中から、とびきり従業員を大切にしている会社を紹介している本です。

ブラック企業が騒がれる中、こんな素敵な企業があるんだ〜って、すごく新鮮な発見です。
経営者だったら、ここに紹介されてる会社みたいな会社を作りたいものです。


文章も堅苦しくなく、とても読みやすいです。
シリーズは5巻まで出ていますが、どの巻からスタートしても問題なし。

2.裸でも生きる 山口絵理子

イジメられっ子が高校「男子」柔道部へ。偏差値40で慶応合格。国際援助に目覚め最貧国バングラデシュで起業。超過酷な現実を次々乗り越えた驚愕ビジネス戦記。

これも泣ける1冊。 起業を志してる人にオススメ。


マザーハウスという「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」を掲げた会社を企業した山口さんの自書伝です。

山口さんの人生が壮絶すぎて…
バングラデシュの起業もとこなんかもー 本当に過酷すぎ!

どんな過酷な状況でも、裏切られても、起業家は諦めないことが大切なんだと思い知らされます。

3.よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「町の電器屋さん」が大切にしていること  山口 勉

よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「町の電器屋さん」が大切にしていること

よそより10万円高くてもお客さんが喜んで買う「町の電器屋さん」が大切にしていること

でんかのヤマグチは、東京都町田市のいわゆる「町の電器屋さん」。 電話一本で呼ばれたらすぐに「トンデ行く」商売スタイルで、地域のお客さんのハートをがっしりつかんでいます。しかし、肝心の商品のお値段はと言えば、大手家電量販店と比べると数万円から中には10万円以上高いものがあるにも関わらず、お客さんは「でんかのヤマグチがいい」と喜んで買っていきます。
商品が高い分、粗利率は38.9%と小売店とは思えない高さで、会社の利益もしっかり確保。

一体どうやって顧客満足と会社の利益を両立させているのか。
その答えは本書の中にあります。

先の2冊よりも経営よりの本ですが、話しかけてくるような文体でとても読みやすく、ページ数も220ページと多くないので、初心者にオススメです。
松下幸之助さんもそうですが、本当に素晴らしい経営者の方の本ってなんでこんなに読みやすいだろう。


本の内容は、「高く売る」のノウハウが詰まった1冊です。 
高く売るって聞いて、そんなこと考えたこともない、うちは無理だよって思った方!是非騙されたと思って読んで下さい。
新しい発見があると思います。

4.商売心得帖 松下幸之助

商売心得帖 (PHP文庫)

商売心得帖 (PHP文庫)

まさに本書には“商売人・松下”の考え方の真髄が詰まっている。物が売れない時代に商売の原点を見詰め直すための絶好の一冊といえよう。

経営を語る上で、この方は絶対に外せない。
松下電器(現パナソニック)創業者で経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんです。


松下幸之助さんが書いた本はどれも商売・経営の本質を捉えており


ユニクロを運営するファーストリテイリング創業者、柳井正さんも

起業しようとする時に、テクニックに走って、MBAビジネススクールに通ったり、欧米の経営学者の書いた本を読み漁るのも良くない。そういう本を読む前に、本田宗一郎松下幸之助のような偉大な経営者の本を読んだ方がよっぽどいい。経営の本質、ビジネスの本質、社会の本質がその中に書いてある。本当に勉強になると思います。

このように、テクニックよりも経営本質を学べとおっしゃっています。

もちろん、この本も、語り口調で読みやすく、なんと言ってもページ数がものすごい少ない笑
読書嫌いでも読み切れると思います。

5.働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 戸田 智弘

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

「やりたいことがない」「才能って何?」
「好きな仕事と向いてる仕事って違うの?」
「今の仕事でいいんだろうか?」
「だいたい、人は何のために働くんだろう?」

その答えを人生の先輩たちに訊いてみよう!

ちょっと経営から離れて…
この夏、働くって何かを考え直してみませんか?

この本は、99個の名言をもとに、働くってことを考えた一冊です。
ただ名言が載ってるだけでなく、きちんと著者の考えが書かれているのが素晴らしい。

このスタイルの本は、他で見たことなく、画期的だと思います。


あらためて、働くことを見つめ直すことで、今後のキャリアや仕事の悩みが晴れると思います。
まぁ、考えすぎて、仕事やめたくなってしまわないようにご注意を


以上、私が初心者にオススメするビジネス書5冊でしたー
ぜひ、この夏、読んでみてください。