経営オタク

かんたん使える経営学をご紹介

小池百合子さんの都政運営から学ぶ経営学

小池百合子さんの圧勝で幕を閉じた都議会選挙。
これからさらに小池百合子のリーダーシップが問われることでしょう。


って思っていたら…


早速、小池百合子さんが色々と仕掛けてきていて、


経営学的にも、小池百合子さんの経営手腕すごーい!!ってびっくらこきました。


ってことで、今回は小池百合子さんの都政運営から学ぶ経営学をお送りします。

お客さんの立場に立つ思考ができている

経営・商売において、基本中の基本。
お客さんの立場に立つってことが、きちんとできてることがスゴイんです。

都民ファースト、お客様第一、お客様のために!
って言うのは簡単だし、経営者なら誰しも意識しているところだと思います。

しかし、本当にお客様の立場に立って物事を考えられるってなると、とても難しい。
小池さんすごいなぁ。きちんとできてるもんなぁ。

統計をとったりしてお客様のことを知る方法も大事ですが…
お客さんの立場に立つっていうのは、所謂、センスの部分です。磨いて精度をあげていくしかない。

経営者なら常にお客様の立場に立つ思考を磨き続けていきましょう!!

ピカイチの行動力

お客様の立場に立ったら、次は、行動です。
行動しなきゃ、実現ができない。

小池さんの行動力はスゴイですよー

築地問題についても、ドンドン決断して、解決しつつあるし

スマートシティに対して、7月10日からLED電球に交換するって取り組み始めてるし


働き方改革に対して、時差Bizって取り組みも始めてます


まだまだ取り組んでることはあるでしょうが…

約1年で、ここまで行動できる行動力は、見習うべきです。
特に、あのアウェーの中で…
だから、これからもっと行動スピード加速するかな。期待大。

巻き込む力

行動するにしても、色々な企業を巻き込んでいってるところがスゴイ。


例えば、
東京都がはじめた「Nature Tokyo Experience
という、東京の自然で遊ぼうっていう趣旨のプロジェクトです。

このプロジェクトでは、都や市、町が運営しているだけでなく、企業を巻き込んで色々な企画をやっているんですよ。

株式会社USPジャパンという日本初の流通・小売系訪日ゲスト対応コンサルティング会社を巻き込んでの
ガストロノミーツーリズムっていう企画。
見てくださいよ。
TOKYOガストロノミーツーリズム


めっちゃ楽しそうですよね。たぶん都だけだったらできなかった企画ですよ。


やっぱこういうのって、企業のほうが得意だろうし、企業が成長したら税収も増えるし、一石二鳥。


巻き込む力って企業でも求められてると思うんです。

ユニクロのUT。LINEのスタンプスマホゲームのコラボ。UFJでのアニメとのコラボ。などなど。
好調な企業は他社を巻き込んで成長しています。

一度、自分の会社も他社を巻き込むってことを検討してみてはいかがでしょうか。
何倍も経営の幅が広がると思います。

社長自ら、ブランド化

どんな企画も、お客様に知ってもらわないと意味がありません。

その点についても、小池さんは自ら体を張ってPRしています。

リーダー自ら、率先してやる。これってすごく重要で

会社の顔ですからね。その顔が有名になると、何をやっても自然と広告になるんです。
孫さんが何かしたら、注目されるでしょ。堀江さんも。

だから、小池さんみたいに率先してPRし、社長自ら、ブランドとなりましょう。


以上
小池さんというすごいリーダーが生まれたわけですから、これからもドンドン学べるところは学んでいきましょう。
不祥事だけは起こさないでね〜