経営オタク

かんたん使える経営学をご紹介

経営学は仕事学。経営学を学ばなければ、人を幸せにする仕事はできない。

仕事する理由は、人ぞれぞれです。

給料が欲しくて仕事をする人。
仕事が楽しくて仕事をする人。
家族のために仕事をする人。 


ただ、どんな理由で仕事をしているのであれ、


所属している会社を成長させようっていう気持ちはもつべきだと思います。


なぜなら、会社が成長することで、お客様、社員、取引先、地域など、会社に関係がある人全てが幸せになれるからです。

会社の成長 = 幸せ


会社が成長したら


お客様によりよいサービスを提供でき

社員には、よりよい環境で仕事ができるようでき

取引先には、取引量を増やせ多くの利益を与えられ

地域には、多くの税金を払うことができ

つまり、会社に関係がある人全てが幸せになれるのです。

会社が退化 = 不幸

反対に、会社が成長せず、赤字になったら…

お客様には、よいサービスが提供できず

社員には、十分な給料が払えず、最悪はリストラするしかなく

取引先とは、取引できなり、売上を下げることになり

地域には、税金も払えず

つまり、会社に関係がある人全てに迷惑をかけることになるのです。

人を幸せにする仕事したい?それとも不幸にする仕事?


あなたは人を幸せにする仕事をしたいですか?
それとも不幸にする仕事ですか?


ぼくは人を幸せにする仕事がしたいです。
たぶん多くの人がそう思うでしょう。


じゃあ、会社を成長させる仕事しましょう。


ここで問題なのが、どうやったら会社を成長させることができるのか?ってことなんです。


それはもう、経営学を学ぶことで知るしかないんです。


学校で教えてくれなかったはずです。
国語にも、数学にも、会社を成長させる方法は載っていないですから。


他の学問でも学べない。


だって、会社を成長させることを研究しているのは経営学だけだからです。

仕事に必要不可欠なことを教えてくれる経営学


会社を成長させる仕事=人を幸せにする仕事


その会社を成長させる方法を教えてくれる経営学は、仕事にとって大事なことを教えてくれる学問と言えるのではないでしょうか。



であるならば、経営学は仕事学と呼んでも過言ではないとぼくは思います。



ってことで、仕事をしている人、経営学を学びましょう!!